会社移転後に行う各官庁への届け出と期限

オフィス移転を行うと言う事は事務所引越しをすることで有り、会社の住所が変更になります。

尚、会社を設立した時には会社を登記するため定款の中で本店の住所を記載してあります。オフィス移転を行い、本店の住所が変更になった場合は、定款の中の本店の住所を変更するための手続きが必要になるのです。

事務所引越しにより住所が変わることで法務局の登記所において、移転登記申請書を利用し、移転日から2週間以内もしくは3週間以内に書類の提出が必要になります。尚、移転登記申請書には本店移転登記申請書、支店移転登記申請書などの2の種類が在ります。

事務所引越しを行うオフィスが本店である場合は、専用の申請書類を使い、移転日から2週間以内に提出が必要で、オフィスが支店である場合は、移転日から3週間以内に書類の提出をしなければなりません。これ以外にも、ハローワークや社会保険事務所、労働基準監督署など、幾つかの機関に対して届け出を行う必要が有ります。関係官庁への届出は、提出期限がそれぞれ定められており期限内に行う必要が有ります。因みに、ハローワークの場合ですと、事業主事業所各種変更届を使い、引越しが完了してから10日以内に書類の提出を行う必要が有ります。